千葉の栄町デリヘルで役立つ「モテ客」マニュアル

千葉の栄町デリヘルで遊ぶなら女のコに歓迎される「モテ客」になって、より楽しく充実した時間を楽しもうではありませんか。

*

栄町でデリヘル嬢にモテまくると超楽しい!

「デリヘルは究極の接客業」という言い方がある。栄町のデリヘルはいくつかのルールや基本プレイなどは存在するが、ファストフードやコンビニの店員などのように、型にはまったマニュアルが明確に存在するものではない。
男と女が向き合って肌を触れ合わせ、限られた中ではありながら密やかな時間を共有する。その際にはふたりの相性や女のコの気持ち、そして男性側の気配りや態度によって、盛り上がることができたり、シラけてしまったりするというバラつきは、当然のごとく生まれる。
取材時に女のコの話を聞くと「面白い」「優しい」「清潔」「ルールを守る」など、好感の持てるタイプの客には、普段以上に頑張って心尽くしの接客を行ってくれるというコは多い。ちょっと変わった子に関しては、たくさんチップをくれる子なんてあからさまなことを言ってくれる子もいたが、当然そういった子は男性と真剣にお付き合いをしようという意味ではなく、風俗を利用する客としてはかなり優遇されるともいえる客を挙げてくれたまでだが。しかし実際にもこういった答えを出してくれる子がいるというのは事実でもあるのだ。
この企画では、「どうすれば愛される客になれるか」を、実際に自分が客で行ったデリヘルのギャルたちにアンケートをとり集計した独自の調査を元に研究。「モテ客」を目指して、栄町でもワンランク上のデリヘルユーザーになるための実践的なヒントをこれから提案するので参考にして欲しい。
それでは「モテ客」とは、どんなお客をいうのだろう。それは、女のコが思わず恋心を抱くような魅力的な男性のことだといえるのではないだろうか。
アンケート結果では「お客さんは恋愛対象になる」と答えたのは全体の3分の1程度である。しかし、「どちらともいえない」を含めると6割が恋愛関係になるのを否定していないことがわかる。客として調査を行っている以上、どうしてもこちらがそういう対象になるのかもしれないという下心をもって聞いているだけなのか、なんて勘ぐってきた子もいたので正直なところ彼女たちの心の内が100%見えているのかどうかと聞かれるとこの限りとは言い切れないのですが…
実際に利用してみた店の女のコの声を聞いてみよう。『どんなお客さんだったら付き合ってもいいですか?』という問いには、「話していて楽しい人。一緒にいて落ち着く人」、「優しくて気配りのできる人」、「真剣に愛してくれるなら」など、性格や内面についての条件を上げるコがちらほら。やはりデリヘルというところで働いている以上、かなりのメンタル面の負担があるためだろうか。芸能人の誰々に似ている人などということはほとんどない。若い子ほど、外見的な理想は高いように思えるのだが、20歳そこそこのまだまだ世間を知らないんだろうなと思えるお嬢さんは、「白いタイツが似合う人」とちょっと夢見がちなことを言ってくれることもある。彼女の頭の中では白馬の王子様がいつか来てくれるくらいに思っているため、相当なメルヘン脳ではあるのだが、こういった子もいるというのはまぎれもない事実。
変わった回答はあるものの出てくる通り、いわゆるイケメンでなければモテ客になれない、ということではないのだ。もちろん「絶対ナイ」「お客さまはあくまでお客さま」「デリヘルに通っている男性はムリ」という非常に辛口な考えのコもいるので、過剰な期待を持つのは禁物。相当な覚悟を決めてこの業界で働こうと決めた子も多く、キャストとして働いている以上は誰とも交際を考えたことなどないと答える強い女性もいるほどだ。
特に、しつこく交際を迫ったり、プライベートの彼氏や男関係の話を聞き出そうとしてみたり、むりやり店外デートに誘おうとするのはルール違反。彼女たちが嫌がる行為なので厳に慎もう。
満足度が高いプレイをするならばお互いに気持ちよく接していきたいと思うはずです。女の子からみてお客の印象が良いとサービスに関してもそれなりに期待ができますからね。
初めて利用するにしてもスタンダードにいくにしても栄町のデリヘルではこってりなプレイが評判なんだとか。常連にならないと期待できないなんて思っている人もいるかもしれないが、実は第一印象であったり普通に会話をしていても楽しい気持ちにさせてくれる客にはかなり献身的にサービスをしてくれるというコは多いもの。
女性の気分はすぐに変わるのでご機嫌が少しでも斜めになってくるとそれを持ち直すのはなかなか難しいものがあります。そう考えると、女の子の気持ちを掴む為にも遊び心を忘れてはいけないと思います。栄町周辺のデリヘルを利用するときなどにも同じことが言える。
指名しているキャストが長年付き合いのあるコであっても、そのスタンスは変えてはいけないと思うのだがどうしてもマンネリ化してきてしまうのはデリヘルであっても普通の女性とお付き合いするときも訪れるときはあるものだ。
女の子に何かの不満があるわけでもない。プレイだっていつも一生懸命頑張ってくれるし、エロさは今も利用し始めた頃もかわらない。もちろん女の子は成長していくので、より年齢にあったエロい雰囲気をもっていたりテクニック的にはかなり上達しているのでむしろ前よりもよくなってきているし、お互いの感じるスポットもわかっているので申し分ない。年を重ねたからといって老いていくのでもなく、より女性らしさがみえるようになり『いい女』になていくものだ。
こうした風俗であれば違う店のまったくタイプのちがう女の子を狙うのも確かに悪くはない。客がどういった理由で店や女の子を選ぼうがその人の自由である。食べたいものを提供してくれる飲食店に足を運ぶのこと同じように、デリヘルであっても一緒である。
しかし、そうなるとまた一からどの店にしようか、どの子が良いのだろうか、地雷接客をされたらどうしようと不安を募らせた結果「まぁいいか」とまた同じ女の子の予約をとってしまうものである。こういったタイプの男性に提案したいことがある。
慣れ親しんだ風俗嬢だからこそ「ロシアンルーレット」をしてみようではないか!
ラブホテルのメニュー表を開いて「ロシアンたこ焼き」や「フォーチューンクッキー」などの類を注文するのも一つの手。手作りや差し入れには手をつけない子でもホテル側が提供してくるものならば口にしてくれる可能性も大きい。また、最近では気の利いたホテルが多いのでちょっとしたアミューズメント的な要素が入ったフードメニューを用意しているところも少なくない。
スタンダードなメニューしかない場合もあるが、そんな時は通常のメニューの中からアレンジできそうなポッキーやフライドポテト、唐揚げなどをチョイスして一緒にルールを決めながらつまんでみるのも楽しいものだ。
さらにこれだけでは終わらない。これに当たったら「○○をする」や「次回▲▲のオプション追加」といった女の子の負担になりすぎたり無理のない程度の罰ゲームを用意しながらプレイするのもいいだろう。いつものなんとなく一定の流れができてしまったプレイにも変化をつけることができる。
何よりも新鮮で何年も連れ添った中年の夫婦のマンネリしてきた生活でも、恋人気分のようなイチャイチャを味わうかのごとくかなり盛り上がるのではないだろうか。
こうした遊び感覚でのプレイはなかなか斬新なものではないだろうか。女の子がこういったジョーダンを判ってくれるコであればそんな利用の仕方があってもいいものだと言える。時間と懐の余裕がある人には是非一度お勧めしたい。

公開日:
最終更新日:2016/11/12